片桐 裕則(かたぎり ひろのり)

職 名
教授
学 位
 
略 歴
昭和55年3月 新潟大学大学院工学研究科電気工学専攻修了
昭和55年4月 新潟県立巻工業高等学校常勤講師
昭和56年4月 長岡工業高等専門学校 助手
昭和63年4月 長岡工業高等専門学校 講師
平成 2年4月 長岡工業高等専門学校 助教授
平成13年4月 長岡工業高等専門学校 教授
担当科目
電気電子理論 I 、電気電子計測、電気電子材料A・B、半導体デバイス
所属学会
電気学会、電子情報通信学会、応用物理学会、MRS
研究分野
太陽電池、薄膜半導体、真空製膜技術

メッセージ

 厚さ4ミクロン(髪の毛の太さの20分の1程度)の厚みでできる、新しいタイプの太陽電池を作っています。エネルギーと食料は、我々人類が生存して行く上で欠かせないものですね。その一つである「電気エネルギー」を、直接太陽光から得る太陽電池を開発しているのです。
 世界は既に『省エネルギー』の時代から『創エネルギー』の時代に入ってきています。電気電子ステム工学科では、多くの学生が実際に太陽電池を作製しています。世界のベストデータを書き換えるのは、彼らかもしれませんし、将来のあなたかもしれません。
 長岡高専に入学して、未来のエネルギーを創り出してみませんか?

研究室概要

 学科内の電子材料研究室、電子デバイス研究室で、薄膜の作製と光学的・電気的な評価を行っています。また、学科の壁を越えてProject CZTSという研究グループを立ち上げており、地域共同テクセンター内の多くの設備を使って太陽電池を実際に作っています。CZTSは銅・亜鉛・錫・硫黄というありふれた材料で構成される化合物半導体です。この材料を用いた太陽電池研究で、本研究室は世界のトップを走っています。国内はもとより、海外の研究者との共同研究も行っています。また、2010年よりJST-CRESTという大型の国家プロジェクトの研究開発に採択されています。

これまでの主な卒業研究・専攻科特別研究のテーマ

  • ●希少元素を使用しない薄膜太陽電池の研究開発
  • ●スパッタ・硫化法によるCZTS薄膜太陽電池の作製
  • ●同時蒸着法によるCZTS薄膜太陽電池の作製
  • ●大気開放型CVD法によるCZTS薄膜太陽電池の作製