音響工学研究室

  • あいさつ

    音は最も基本的な情報伝達のための手段です。朝起きてから、寝るまで皆さんはいろいろな音に囲まれて生活しています。 私たちは、最も身近にある音に関して研究を行っています。 音の研究といっても、どんなものかわかりずらいかもしれません。 試しに、次ののファイルをダウンロードしてください。ダウンロードしたら両耳にしっかりイヤホンを装着して 聞いてみてください。mp3形式で保存されていますので、PCや携帯型音楽プレーヤあるいは携帯電話でも聞くことができると思います。

     

    長岡高専校歌の3D効果版

     

     

    はじめは、いつもイヤホンで聞いているのと同じよう音楽が頭の中で鳴っているように聞いてくると思います。

    ちょっとボリュームが大きめに設定されています。 聞きやすい音量に調整してください。 音量を小さめにして静かな場所で聞くのがお勧めです。

    16秒程度経過したところで、今までイヤホンから鳴っていた音が、頭の外側、そして左側の離れたところから聞こえてきます。

    しばらくすると、イヤホンから鳴っているような音に戻ったり、また前にいったり後ろに行ったりいろいろな所から音楽が 聞こえてくるのではないでしょうか?

    (注意:スピーカから再生した場合ではこのように聞こえません。イヤホンまたはヘッドホンを使って聞いてください。)

    イヤホンで聞いているのに、いろいろな方向から音が聞こえる。 これを頭外音像定位受聴(とうがいおんぞうていいじゅちょう)と呼びます。

    いままでイヤホンで聞いていた感じとは違って聞こえたと思います。 いままでのイヤホンで聞いていた聞こえ方は、頭の中で音楽が鳴っていたように聞こえます。 このような音楽の聞こえ方を頭内定位受聴(とうないおんぞうていいじゅちょう)と呼びます。

    イヤホンでいつも音楽を聴いている人は、慣れているかもしれませんが、 イヤホンで長い間聞いていると、なんとなく疲れたりします。 これは、頭内音像定位受聴が自然な音楽の聞き方と違うからです。

    これに対して、イヤホンで再生しているにもかかわらず頭の外から音楽が聞こえてくるような聞こえ方 (頭外音像定位受聴)は、とっても不思議かもしれませんがとても自然な音の聞こえ方なのです。

    装置の紹介

    指導職員

    矢野 昌平
    YANO,Shouhei
    准教授

     

     
    研究室概要

    様々な空間に 音像を作り出す音像定位技術や、インパルス応答の測定技術に関する研究を主に行っている。また、人それぞれ音の聞こえ方が異なり、この異なりを利用した個人認証、音情報によるバイオメトリックスに関する研究をおこなっている。

    研究テーマ紹介

    耳につけたイヤホンによってユーザの個人性を測定する個人認証について研究を行っています。

    脳波で車いすやロボットを制御するブレインコンピュー タインタフェース(BCI)に音像定位技術を応用し、音に よって脳波を励起し指示を出す研究を行っています。

    • 耳の音響特性を用いた個人識別
    • 空間音響伝達特性を用いたユーザ位置検出
    • インパルス応答測定における時間揺らぎの影響
    • 頭外音像定位を利用した聴覚刺激ERP による方向推定
    • 聴覚刺激による事象関連電位を利用した意図方向推定
    • 音像定位伝達関数に含まれる個人性の影響に関する研究
    • 音像定位伝達関数の導出に関する研究
    • 頭外音像定位技術を用いたマルチコプターの操縦支援に関する研究
     
    特別設備

    無響室(10 ㎥)、残響可変遮音室(32 ㎥) 音像定位システム(無響室・遮音室) ダミーヘッド、標準マイクロホン 超指向性スピーカ、高速畳込み演算器、GUGPU計算機、マルチコプター開発システム

     
    技術PR

    音響信号のデジタル信号処理を中心とした研究を行って います。また、ツールとして組込み機器や、Linux 等の OS を用いておりこの分野の知識についても精通していま す。

     
    LINK

     

    研究室詳資料PDF
    http://www.nagaoka-ct.ac.jp/soran/wp-content/uploads/110715_EE_YanoShohe...
    個人制作ホームページ
    http://www.nagaoka-ct.ac.jp/ee/lab_syano