通信工学
専門/5年生/前期・後期

テレビやラジオそして携帯電話ではどうやって音や画像を送っているんだろう?実際には電波を使って、音や画像を送っています。この授業を受けると電波で音楽や写真のデータを送る方法がわかるようになるよ。


電気回路I
専門/3年生/通年

発電所から、皆さんの家に電気が届く。当たり前ですが、電気はもっとも身近な科学分野です。

3年生では、電気の電圧や電流を変換する変圧器について学習します。そして、電気回路を式を立てて表現および解析する方法を学びます。

(ポイント)今から200年近く前に発見された法則が今の科学技術に使われているのです。大変興味深いです。


学生実験「LEGO」
実験/3年/前期

ブロックを組み合わせてロボットの機構部分を作成し、そしてプログラミングによってその動作を制御します。ロボットの制御には、外部の状態を知る必要があります。センサーと呼ばれる赤外線や音そして触覚センサーの入力から、モータ(右、左)を動かす指令を出して様々な課題をクリアせよ!(ポイント)え、こんな楽しくていいの?やってみるとはまります。時間を忘れてプログラミングに没頭しちゃう子も。。。


学生実験「OPAMP」
実験/4年/前期

音楽とか好きですか?自分でイヤホン用のアンプとか作ってみたくはないですか?一昔前は真空管やトランジスターを組み合わせて作っていましたが、最近はOPAMPという大変便利なICがあります。

OPAMPを用いたフィルター回路や増幅回路を作成します。また、その回路の性能を測定器を使って測定します。コンピュータを電気回路を一体化させた、最先端の測定方法を用いた測定や測定器の値やレンジを変えながら地道にそして正確に測っていく測定を行います。

(ポイント)電源ノイズを取るためのにコンデンサーを入れたり、配線を見直したり、自分の作った回路が良い性能を示した時はやったーって感じです。


応用プログラミングI
専門/4年生/前期

皆さんの身の回りにある電化製品のほとんどにはCPUが内蔵されプログラミングにより制御されているものがほとんどです。

これを組込み製品と呼びます。日本はこの分野で大変優れた技術を持っています。この授業では、単なるプログラミングではなく、人や外部機器との間をつなぐ組込み機器用のプログラミングを学びます。

(ポイント)自分で作ったプログラミングで、LEDが光ったりものが動くのは大変楽しいものです。自分ではとてもできないと思っていませんか?そんなことありません。やってみると意外と簡単ですよ。


応用プログラミングⅡ
講義/5年/後期

携帯電話のアプリや様々なゲーム等、とても高度に見えるプログラミングも実は、すでに作られていたパーツを組み合わせてるというものがほとんどです。このようなプログラミングを開発するためオブジェクト指向プログラミングについて学びます。C++と呼ばれる言語を用いてパソコン上で動くアプリケーションプログラムを作ってみましょう。

(ポイント)プログラム開発のための、基礎を学びます。今後の実験や研究そして仕事にも応用が利きます。

 


基礎情報処理
講義/1年/通年

初めて高専に入って戸惑うことも多いと思います。まず、学内中で使える無線LANネットワークに接続して、メールアカウントを設定して。。。そしてレポートは表計算ソフトそしてワープロソフトを活用して。。。。などなど高度に情報化された環境の中で大切なのはなんなのか?どうやってそれを有益に活用できるのか、これからの情報化社会を生き抜くための基礎となるリテラシ教育です。


電気量測定の基礎
実験/2年/前期

< 目的>
電気実験の基礎として、電圧・電流の測定法を学ぶ。
<内容>
オームの法則、抵抗の合成、重ねの理、テブナンの定理を通して
理論値と実測値を求める。
自分で回路を組み、各ポイントの電圧・電流の変化を測定する。
電源や電圧・電流計、デジタルマルチメータを使ってみる。
計算値と実際の測定値はどの位違うのか、または同じかどうか。
難しい回路を組んだり、測定が出来る様になるための訓練の1つ。

 


アナログ回路の設計
実験/4年/前期

< 目的>
トランジスタ・FETを用いた増幅回路を構成し、
動作原理や特性を学び理解する。

<内容>
トランジスタやFETは、電子回路を構成する重要な素子である。
トランジスタの静特性やhパラメータについて
規格表に載っている特性を実際に測定してみる。
2段増幅回路を計算により設計する。
設計した回路をシミュレータを用いて解析する。
実際に素子を用いて回路を作製する。
作製した回路について特性を実測して評価する。
6週の大テーマを通して、回路設計や繊細な測定の
テクニックを身に付けて行く。

 


電動機の制御
実験/5年/前期

< 目的>
電動機の制御について実習し、その特徴や特性を理解する。

<内容>
直流電動機と誘導電動機について、各制御方法と諸特性を学ぶ。
直流電動機では無負荷・負荷特性を実際に測定する。
また直流発電機についても試験を行う。
日常では扱う機会の少ない2kWクラスの電動機を扱う。
誘導電動機では周波数制御や速度トルク特性について理解を深める。
電気エネルギーを機械エネルギーに変換してくれる
ありがたい電動機についての実験。

 


プログラミング

ゲームや携帯のアプリのプログラムを作るための基礎となる勉強をやります。

C言語というものを使って、たくさんある数字のデータを並べ替えたり、ほしい数字を探すようなプログラムを作ったりします。

ゲームでも使われている、乱数というでたらめな数を使ったプログラムも作ります。


電気回路Ⅱ
講義/4年/通年

抵抗、コイル、コンデンサをつないだ回路のスイッチを入れたときから、まばたきをする間のような時間に起こる現象について勉強します。

Ldi/dt + Ri = E

こんな難しそうな式が出てくるけれど大丈夫、電気科4年になればバッチリわかるようになるよ。

 


電気電子工学基礎
講義/1年/通年

 電気工学を初めて学ぶ学生を対象に、クーロンの法則による雷発生のメカニズ
ム、ファラデーの
電磁誘導法則による発電など代表的な現象について、易しく、でも、高専らしく
結構本格的に、学習
しています。

 


電気電子理論2
講義/3年/通年

アンペアの法則、フレミングの左手の法則など、中学生でも馴染みの電磁気現
象について、
微分・積分などの高等数学を使用して、学習します。

 


デジタル信号処理
講義/4年/通年

音声などの信号を分析したり、合成したりするための基礎を学習します。数学
の学力が必要ですね!

 


光波工学A、B
講義/5年/前期・後期

皆さんの携帯電話からは、目に見えませんが電磁波電波とも言いますが放射されて通信が行われています。 この科目では、この電磁波について学びます。 高専の最上級学年ですので、或いは大学院レベルの講義をしています。 難しい内容ですが、分りやすく工夫して授業をしています。


発光ダイオードを用いた光通信
実験/2年/前期

光電話はもちろんのこと、一見すると電波だけで通信しているように思われて
いる携帯電話やスマートフォンも、その電波を中継する基地局間は光ファイバー
を用いた光通信によって支えられています。本実習では、①音声を光に変換、②光
ファイバーに載せて送信、③受信した光を音声に戻す、といった一連の流れを体
験してもらいます。実験回路は、電子ブロックを使って組み立ててもらいますか
ら、ハンダが苦手な子も安心して参加してね♪


パワーエレクトロニクス
講義/4年/通年

今日の優秀なエレクトロニクス技術はパソコンだけではありません。ハイブリッド車
や電気自動車などは効率の高さでその粋を極めておりますネ。その動力源に使われて
いるモータはどのようなものでしょう?その動力源を駆動するエレクトロニクス技術
はどうなっているでしょう?この講義で謎解きをします。

 


電力システム工学
講義/4年/通年

現在の私たちが使っている電気は大きく分けて発電・送電・配電のシステムを通して
電気を受け取っています。この講義ではこれらのうち主に送電・配電のシステムを中
心に‘なぜ送電に高い電圧を使うのか’‘送電鉄塔はどうなっているの’‘電柱で使
われている技術’から始まり一番重要な‘送電・配電での事故はどのように保護する
か’などを扱うよ。

 


電気法規ならびに施設管理
講義/4年/後期

毎日私たちは使っている電気って便利なエネルギーだネ。大変重要なクリーンエネル
ギーです。でもむやみな使い方をしたら逆に危険です。安全な電気の扱い方は実は法
律にきちんと書いてあります。そのことの基礎をこの講義で勉強します。高専の校内
の重要な電気室なども見学しましょう。


空気中における放電現象
実験/4年/後期

高い電圧を発生させ‘放電’という現象を観察してみます。写真のような衝撃電圧発
生装置で最大200,000ボルトの電圧を発生させると空気中で大きな音とともに放電し
ます。これを観察します。(ちょっと胆を冷やします。)それと電気の危険(感電)
を防止するため実験者同志が協力しあうことの重要さを勉強します。

 


卒業研究
開講時期 第5学年

各研究室に配属され、研究室指導教官のもとで課題テーマの自主的研究を行います

(ポイント) あなたは、どこの学校の何学科に入って何を勉強したいですか?

それは卒業研究で何を行うかにかかっているかもしれません。自分のやりたいこと、研究したいことを探すため研究室を選ぶべきです。


分布定数線路と超高周波デバイス
実験/5年/前期

分布定数線路と超高周波デバイスの特性評価実験では、ネットワークアナライザという難解な名称の測定器を用いて、超高周波(携帯電話と同じギガヘルツの周波数)の伝送線路とデバイスの特性を評価する手法を学んでいます。


電子計算機
講義/3年/通年

車や家電製品、自動販売機などを動かすためには論理回
路と呼ばれる回路が必要になります。その基本的な動作を学ぶことができます。


物理学実験

高専でも物理の色々な現象を学びます。それを実験を通
して理解していきます。重力加速度や空気抵抗の測定な
ど面白い実験です。


科学技術英語Ⅰ,Ⅱ

日本の技術は世界一。と言うことは、やっぱり英語も必 要になってきます。科学技術英語の授業では電気電子工 学の分野の英語を学べます!