矢野 昌平(やの しょうへい)

職 名
准教授
学 位
博士(工学)
略 歴
平成11年3月 長岡技術科学大学大学院工学研究科
情報・制御工学専攻博士後期課程修了
平成11年4月 長岡工業高等専門学校 助手
平成19年4月 長岡工業高等専門学校 准教授
平成24年8月 カナダUBC大学にて在外研究
平成27年4月 長岡技術科学大学 准教授
平成28年4月 長岡工業高等専門学校 准教授
担当科目
応用プログラミングⅠ、Ⅱ、電気電子工学演習Ⅱ、 学生実験、専攻科特別実験など
所属学会
音響学会、電子情報通信学会、Audio Engnering Society
研究分野
音響工学、個人認証、脳波計測、組込みプログラミング

メッセージ

 こんにちは矢野昌平です。

 私の研究は、「音」を用いた応用分野です。音はみなさんの周りに身近にあり、人と人とのコミュニケーションの基本手段です。さらに、音楽や鳥のさえずり川のせせらぎなど自然界のさまざまな音は人の心を豊かにしてくれます。近い将来、音は人と人以外に、人とコンピュータをつなぐ重要なインターフェースとなるでしょう。身近にありながら高い可能性を持つ「音」に魅せられ研究をしています。 

 ぜひ長岡高専にきて一緒に勉強しませんか。 エンジニアになるために必要な技術や知識をわかりやすく学ぶことができます。

研究室概要

 研究室では、音を用いた応用研究として、人の音響特性を用いた個人認証技術と音を認知したときに計測される脳波から、ユーザの思いを読み取るブレインマシンインタフェースの研究を行っています。

イヤホンを耳にかざすだけで、その人が誰であるかを特定します。これは、耳の音響特徴を用いて個人識別を行う技術です。耳の音響特徴が、人それぞれに指の指紋のように異なることに注目した技術です。耳音紋(じおんもん)認証と呼んでいます。

イヤホンで音を聞いているのに、不思議いろんな方向や距離から音楽が聞こえてくる! この技術を音像定位技術と呼びます。実はイヤホンから音を鳴らしているのですが、信号処理によって任意の場所に音のイメージを作り出すことができるのです。これに、音の方向を認知したことによって脳内に発生する電気信号を計測し、ゆくゆくはロボットや車椅子を制御するブレインコンピュータインタフェースに関する研究を行っています。

研究内容

  • 耳の音響特性を用いた個人認証
  • 音を用いたブレインコンピュータインタフェース
  • 室内の音響特徴を用いたユーザ位置検出の研究
  • 組込みLinuxの応用研究